プロシェアリング?(株)サーキュレーション

プロシェアリング?(株)サーキュレーション
Photo by Startup Stock Photos on Pexels.com

高度DX人材を紹介

ある日私は、日経新聞でこんな記事を見つけました。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59673850Y0A520C2XY0000/(2020/05/28) コロナ渦の中、日々ITを使って何かできるのではないか、と探していた私にとっては非常に興味深い記事でした。そんな会社について、私の勝手な見解?も交えながら、企業研究していきたいと思います!

そもそもDXって何ぞや。。。

私はIT機器も多数取扱っている商社に属しておりますが、恥ずかしいことにDXという言葉を聞いたことがありませんでした。私みたいな人がきっといると信じ、まずはDXについて、軽く触れていきます。そして、DX人材紹介をするサーキュレーションという会社について深掘りしていきたいと思います。

DX(デジタル・トランスフォーメーション)とは、「人間の生活に何らかの影響を与え、進化し続けるテクノロジーであり、その結果、人々の生活がよい方向に変化する」という概念で、スウェーデン ウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が2004年に提唱したようです。むずかしいけど、要は「IT使って、より良い社会にしようよ」ってことですかね?

Network

一方で、日本経済産業省は「DX推進ガイドライン」にて、DXとは「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」と定義しています。

ほお。。。飲み込むのに少し時間がかかりましたが、きっとこういうことでしょう。「変化する環境に対応するため、IT・デジタル化を導入するだけではなく、それを使って新しい何かを生み出して下さいよ!」

(もし私の理解が正しければ)コロナ拡大で環境が激変している今、DXは不可避かつ今後需要も供給も伸びていくのかなと思います。

サーキュレーション 事業内容は?

・プロ人材の経験・知見を活用して経営課題の解決を支援する「ProSharing」

・新規事業立ち上げ支援サービス「Open Idea」

・スポットコンサルティングサービス「Open Research」

・CTO/エンジニア/デザイナー支援サービス「FLEXY」

・「人・組織」「成長戦略」の観点から事業承継をサポート「人が繋ぐ事業承継」

・1分でフリーランスとして活躍できる可能性がわかる「フリーランス診断」

・副業/複業時代の新しい働き方メディア「nomad journal」

・フリーランス向け福利厚生制度「サーキュレーションベネフィットプラン」

・社会課題解決のためのプロシェアリング「SOCIAL DEVELOPMENT by CIRCULATION」

すごい数。。。上記リストを見ても分かるように、数多くのサービスを手掛けられている会社さんのようです。どのサービスにも共通しているものとしては、モノの提供では無くサービス(コト)を提供しているということですかね。人材紹介のようなものが多いイメージです。

知のめぐりをよくする

このキャチコピーすごく良くないですか!私はズーンと刺さりました(笑)というのも、ずっと思っていたんです。優秀な人が一つの会社に縛られているのはもったいないな、と。知識とか技術とか、みんなでシェアしちゃえばもっと良いものできるんじゃないかな、と。(生意気ですが、、、)

現代ではシェアすることが当たり前のようになっています。私自身もTimesのカーシェアを使っていますが、めちゃくちゃ便利かつ、コスパ最高です。つまり、従来は当たり前のように個々人で持っていたものもシェアしちゃう時代がやってきているんです。

プロシェアリング

サーキュレーションさんがメインで取り組まれている事業として、プロシェアリングがあるようです。事業イメージとしてはこんな感じでしょうか?

プロ人材(フリーランス) ⇔ 企業

             ↑

コスト・技術・経験を踏まえて、マッチング

企業が現状課題として抱えられているもの、その悩みの種をサーキュレーションに登録しているプロ人材の方が解決のお手伝いをする。そのつなぎ役をしているイメージですかね。なるほどお〜。知のめぐりってのはそういう意味だったんですね、納得。

最後に

代表取締役 久保田雅俊さんは以下のように考えているそうです。

「世界の隅々にまで知がいき渡り、個人や組織、社会の課題も解決することができる。検索ではたどり着けなかった、知にもすぐにアクセスすることができる。生まれた国も環境も関係なく、誰もが平等に知に出会うことができる。」

コロナが起きて、変化せざるを得ない状況になって初めて、私はこの重要性に気が付きました。だいぶ前からこの重要性に気が付き、ビジネスとして確立させたなんて、、、さすが経営者は先読みの力があるんですね。(何様だ(笑))

今後どのように事業が展開されていくのか、個人的にはすごくたのしみです。

コメントを残す

CAPTCHA