うちの子達のご紹介

うちの子達のご紹介

観葉植物と素敵なお花達 

まるで昔から育てているかのような書き方をしていますが、本格的に育て始めたのはつい最近。きっかけは友人にもらったパキラがで、少しずつ興味がわき勉強し始めた次第です。私達の勉強がてら共有できたらと思ってます(^o^)

パキラ先生

はい、幸福の木としても有名なパキラ。育てやすいということもあり、結構いろんなところに売られていますね。パキラは2mほどに成長する樹木のようなので非常に楽しみです。ちなみにうちのパキラはこんな感じ。

夏に撮った写真なので、青々としています。

元々は、水で育てていたのですが、この通りぐんぐん育っていくので、いい時期に土に植え替えをしました。ちなみに植え替え時期の5〜7月頃に、根詰まりを解消するためにも、一回り大きい鉢に植え替えてあげるといいそうです。鉢に植え替えるには、株の周りについている古い土を1/3の分量を落とし、そのときに黒ずんでいる根は剪定用ばさみなどを使って切るといいそうです。新しい鉢に植え替えたらたっぷりとお水を上げましょう。私もまた来年植え替える予定です。

お水とか日当たりとかについてですが、割と育てやすいということもあり、どんなとこでも育っちゃうようです。私の家では一番日当たりのいいところに置いてあるので、夏はしっかりめに、冬は乾いたら水をあげるようにしています。

手がかかったモンテスラ

日陰でも育つ、育ちやすいって聞いたんですよモンテスラ。

きのこはえてますやん

Amazonで買ったのが悪かったのか、飼育環境が悪かったのか、今となっては分かりませんが、家に来て早々黒点病にかかり、大多数が枯れました。速攻、日を当てまくり、肥料をやり、メンテナンスしまくってなんとか復活しました。手がかからないときき買ったのですが、一番手がかかりました(笑)

モンテスラの葉っぱの形は面白い形をしており、それが風水的にとても良いと言われているそうです。また、モンステラは、生長するとき、まれに白い花を咲かせることがあるようです。今後そんな花がみれるかも、、、?と期待しながら育てていきたいですね。

サンスベリア

先端が尖ってて、意外と痛いんです!

旦那のお母さんから結婚祝いにと頂きました。これも風水的に幸せを招くとか言われているようです!これはねー、ぜんぜん手がかからない!!お水は乾いてからあげる程度で良いそうで、日もカーテン越しからで十分とか。

このブログを書いていて初めて知ったのですが、サンスベリアは生育旺盛なのようで、必ず1〜2年に1度は植え替えするといいそうです。。植え替えの適期は5〜9月の間と、パキラ等と同じなので、一緒の時期に植え替えようかな?と思ってます。

サボサボサボテン

可愛い人形のような形をしてます

このサボテン、育て始めると白い綿のようなものが付き始めたのでびっくりしたのですが、これは棘座と呼ばれるもののようです。刺座とは、サボテンには必ず存在する刺の付け根にある白い綿毛の座布団みたいな部分のことです。刺座があればサボテン、なければ多肉植物になるらしいです。知らなかった〜!

このサボテンはお花が咲くのか、それは不明ですが、咲いたらいいなあーなんて思いながら日々育ててます。

新入り ポインセチア!

赤赤としていてとってもクリスマスっぽい

クリスマス定番のお花ですね。とってもかわいい。ポインセチアの赤い部分は花ではなく、苞(ほう)といわれる葉が変化したもの。上の方にある小さなつぶつぶが花なのだそうです。

苞が赤い理由は、受粉を助けるため。ポインセチアは花が小さいため、苞を赤くすることで虫を呼び寄せるそうです。苞が赤から緑に変わる理由については、そもそもポインセチアは「短日植物」という、日の当たる時間が12時間以下にならないと花が咲かない性質を持っているからだそう。苞が赤くなるのは花を目立たせるためですので、花が咲かない状況では苞も赤くなる必要がないとのこと。ほおーーーそんな理由があったんですね。。

ラストは未知の世界 しそ!

種まき中〜

本屋でたまたま目にしたしそ。種から育てて、1-2ヶ月で葉っぱができるそう。楽しみ〜♡

コメントを残す

CAPTCHA