古事記って面白いんよ Part.1

古事記って面白いんよ Part.1

なぜ古事記?

本日記事にするもの、それは、、、日本人であれば全員知っているであろう(知っていて欲しい)物語の一つ、古事記です!!ふう。そう。みんな意外と知らないんですよね。。。先日テレビを見ていた時、スサノオノミコトが出てきたので、「ヤマタノオロチだね~!」と彼に伝えると、?????という顔をしていました。

まままままさか!!!!知らない!?

優秀な高校大学と進学している彼ですら知らないということは、結構みんな知らないのでは、、、タマゲタ。ちなみに私は、小さい時に漫画で読んで以来、すっかりはまりました(笑)今回は、一人でも多くの人に魅力が伝われ~!と思いながら、この記事を書いています。

マンガ 面白いほどよくわかる!古事記

古事記Lover

なんとなくは知っているけど、神が国造ったよって話でしょ?何が面白いんや。そんな風に言う人もいます。まあ、あながち間違ってはいません。ですが、そんなんはあくまで概要。中身をよくよく見ると色々な面白さがあるんです。私的推しポイントを2つ挙げてみました。

私的面白ポイント① 神なのに人間臭さを感じる

神様っていうと、人間とはかけ離れた何でもできるイメージがありませんか?でも古事記に出てくる神様はなんか違うんです。うっかりやっちゃったり、怒ったり、泣いたり、なんだか人間味あふれてて、とっても親近感があるキャラクターが多い気がします。

私的面白ポイント② 神話に基づく名所がある

ギリシャ神話とか聖書とか、こちらも内容は面白いのですが、描かれている地域が日本ではありません。ですが、古事記は日本(と言っていいのか分かりませんが)で起きた出来ことをメインで取り上げているので、親しみが湧くんですね。神社に行くと、入り口とかに説明が書かれていることがありますが、そこを読んでみると、案外古事記と関係があったりなんかして、面白かったりします。そんなことが身近な日本で楽しめちゃうところも、古事記を読んで欲しい理由の一つですね。

熱田神宮 令和になった瞬間!

イザナギとイザナミ

まず古事記は、日本という国を造るところから始まります。この辺りも色々お話ありますが、ざっくり省いて、、、。国造りの為に2人の神様が命じられました。その名も、イザナギとイザナミ。この2人実は兄妹なんですね~。にもかかわらず、結婚しちゃいます(笑) 今の時代兄妹で結婚なんてできませんが、神様ですからね、うん。夫婦になった2人はせっせと国造りに励むわけです。おっと大事な下りを忘れていました。彼らが結婚するとき、柱をくるっと回って

「まあ何てかっこいい人」

「まあ何てかわいい人」

と言って結婚するという、人類発の結婚式を挙げたんです!(笑) でもね、ここでもうっかりミス。イザナミ(女性)から声をかけちゃったせいで、ヤバイ子供が生まれちゃったんですよ。困った2人は天に相談すると、「男から声かけんかい!!」と言われ、結婚式をやり直したそうな。いや、最初から言ってあげて!とか思ったりもしますが、、、

そんなこんなでうっかりな可愛さ伝わりましたでしょうか?余談ですが、私はこの話を読むたびに、男性からプロポ―ズすべきだ的な風潮があるのは、もしかしたらこれが原因!?なんて思ったりします。プロポーズを待ちわびている女性は、古事記を渡してみるのも一つの手かも、、、なんてね!

在宅プロポ

見るなよ~見るなよ~!

二人は結婚してから、ポンスカ神やら土地やらを産み落としていきます。そんなこんなで、火の神様を産み落とした時、イザナミは焼けてしまい死んじゃいました。(神様が死ぬということがまず驚きだったのですが、、、)

そして、あの有名な黄泉の国へと旅立ってしまいます。ずっと一緒に暮らしていたイザナギはめっちゃ落ち込み、ついにはこんなことを思いつきます。

「俺が黄泉の国行って、連れ戻せばよくね?」

思いついたら即行動。迎えに行っちゃったんです。するとどうでしょう。中には愛しのイザナミがいるではないですか!

「一緒に帰ろうよ!」そう声をかけると

「頑張って説得してみるわ!でも今、ヤバイ顔になってるから、絶対見ないでよ!!

はい、良いフリが来ましたね~。見るなよって言われたら、見たくなりますよね。神だって同じです。覗いちゃいました。するとまあなんと醜い顔。悲鳴もんです。でも、見られた方も黙っちゃいません。ブチ切れて追っかけてきます。そして、追っかけっこの末、最後は黄泉の国を岩で閉じ込めたのですが、そこでもひと悶着。

「見るなっていったのに見たお前を許さん!!お前の国の人を毎日殺してやる!!」とイザナミが言うと

「好きにしろ!俺はお前が殺す数以上新しい命を芽生えさせる!

すごい規模の大喧嘩。このやり取りを機に、人の生き死にが始まったと言われています(笑)めっちゃおもしろくないですか。見るなって言われて見ちゃって、生き死に生まれるって、、、。夫婦喧嘩 神Ver. って感じです。

「黄泉比良坂」黄泉の国の入り口とされているところ 参照:http://furusato.sanin.jp/p/mysterious/matsue/8/

ここから先は、イザナギとイザナミの子供たちがメインのお話になるので、それについてはまた次の記事で書きたいなと思います。

コメントを残す

CAPTCHA