なんでテレワークが増えないの    ~さすがにイライラしてきた~

なんでテレワークが増えないの    ~さすがにイライラしてきた~

この記事を書くに至った経緯

コロナ蔓延を機に、様々な変革が求められていますが、その一つに「テレワーク」があると思います。私の会社でも第1波のころは2ヶ月程在宅勤務をしておりました。ところがどっこい、少しコロナがおさまり始めると「やっぱり効率落ちるからね~」と上の判断で全員出勤に…。そして今回、緊急事態宣言が出たにも関わらず、一切導入を進める気配がありません。(一応制度としてはありますが、効率が下がらないと証明した場合のみ導入可能とのこと。ふざけやがって)

そんなイライラマックスな私がお届けする、「テレワークにしろよ!!」「テレワークできるだろ!!」と思う理由(主に愚痴)を若手代表として(勝手に)書きたいと思います。かなり他責かつ偏った考えですが、日々イライラがおさまらない為、書かせて下さい。

出社しないと出来ない仕事ってなんだよ(営業編)

我が部の部長はこんなことを言っていました。

「私達の部は出社しないと出来ない仕事ばかりです。在宅勤務だと業務効率が落ちてしまいます。それに家だとさぼる人も増えてしまうので、在宅勤務を禁止します」

????????????????????????????????????

はてなで頭がいっぱいになりました。まず、出社しないと出来ないことってなんですか?

  • ハンコが押せない⇒電子印導入しよ
  • 電子印お金かかる⇒定期費なくして都度払いにすればその分浮くよね?というか在宅にしたら印刷費も電気代ももろもろ浮いて、安くなるよね?
  • さぼる     ⇒たとえリモートでも部下の管理をするのが管理職。朝夕通勤時間に充てるはずの時間を使って、確認すればよくない(今日のやるべき業務とか指示とか)?というかさぼるやつはどこでもさぼります。
  • すぐ相談できない⇒電話使え・メール使え・ZOOM使え。今は令和だ。
  • 会議できない  ⇒WEBでやれ。
  • WEBだと話しづらい⇒WEBカメラをつけなさい。面直風になるから
  • 業務負担が増える⇒通勤時間分減るからたいして変わらないでしょ
  • 指示だしづらい ⇒そもそも口頭での指示自体、相手の時間を奪っている。むしろメールで伝えてもらった方がお互い整理出来て、ミスも減り良くない?

ふう。あげだしたらきりがありません。私には出社しなければできない業務なんて1個もないように思えて仕方ありません。

リスク分散せえよ

「コロナに感染・または濃厚接触者の疑いがある場合は2週間出社禁止です」

多くの会社ではこんなルールがさだめられているのではないでしょうか?そうです。一人でも同じフロアに感染者が発生してしまうと、周りも濃厚接触者となり、出社できない状態になってしまうのです。「自分はかからない」そんな自信があるのかもしれませんが、こんなに流行ってしまっている以上、絶対なんてことはありえません。どれだけ感染対策をしていたとしても、常に危険と隣り合わせです。だって出社するまでに、電車とかバスとか乗ってますもん。じゃあもし、一人の感染者のせいで部署の全員が出社停止になってしまったら…どうでしょうか?

はい、終了~~~~~。

業務が滞るに決まっています。当たり前です。なんのリスク管理もできていないんだから。あほなんですか、ほんとに

管理職の仕事って、その名の通り様々なことを「管理」することですよね。在宅せざるを得ない状況になったときのリスクは考えたのでしょうか?そしてそれを導入することが、本当に難しいと考えたのでしょうか?

私には「在宅できない理由」を探していたようにしか思えません。効率が落ちると言っていますが、そんなのは当たり前ですよね。だって、続けさせるような変革の努力を一向にしてくれないから。例えば、「電子印の導入」「WEBカメラの導入」「自社システムの強化」「伝達方法の統一」「会議のWEB化」。私には一切の努力が感じられませんでした。仮にですがもし、考えに考え苦肉の策で「出社しかない」と答えを出したのだとしたら、相当頭が悪いです。完全にぼけじじいです。早目に一線から退いてほしいです。(お口が悪いですね、すみません)

令和の営業スタイル

年齢が高い人ほど良くこう言います

会って話してなんぼ。直接会わなきゃ気持ちも分からないし、話にもならない

ふっ。まあたしかに一理あります。一時あれだけはやっていたリモート飲み会も、今じゃすっかり下火です。恐らくそれは、会っているときほどの楽しさが無いからでしょう。でも飲み会と商談は違います。確かにゼロは難しいと思うので、多少は仕方ないとは思いますが、少しずつ移行できるのではないでしょうか?私は令和の営業スタイルとして、以下のようなものを考えてみました。

  • 基本会社に出社はしない(客先にも直接行く)
  • 社用車を減らし、カーシェアを取り入れる
  • 社内連絡はメール・電話・WEB会議のどれか
  • 印刷物があるときはコンビニ等で印刷し、まとめて精算してもらう
  • 商談はWEBと面直の併用
  • ルールや連絡事項、指導書等はマニュアルを作成し、誰が見ても同じく理解できるものにする

いかがでしょうか?私は以前上司に上記のようなことを提案し、オール却下を食らいました。理由は会社が許してくれないから。なので今はもうあきらめて、次の道を模索しております。

世のお偉いさんに言いたい

もし、管理職レベルの人がこの記事を見てくれているなら、一度考えてみて欲しいです。私としては感染対策(加湿器いれたり、アルコールぶっかけたり)をするよりも、感染者が出ても共倒れしないようなシステムを作るべきだと思うんです。もし仮にそれが在宅勤務じゃなくても構いません。でも、なにかしら変えないとダメなんです。今のままでは、コロナは乗り越えられても、いつか倒れます。変化が怖いのは分かります、ただ、今はそれを求められているんです。分かってください、お年寄りたち…

私と同じように日々悶々としている方、強く生きましょう。以上です!!!

コメントを残す

CAPTCHA